自分ルールでイライラするのは損だと思う~イライラ解消法~

こんにちは、ひらやまです。

皆様いかがお過ごしでしょうか?最近は一気に寒くなってきてコートがないと暮らしていけないほどですね。体調を崩さなれないようにお気をつけてお過ごしください。

突然ですが、今、イライラしている人はいますか?イライラしながら僕のブログを見るような人はいないと思いますが、きっと読者の皆さんの中には、すぐにイライラしてしまったり、イライラが長引いたり、徐々に増大していくタイプの人がいると思います(かく言う僕もよくイライラしています笑)

今日はそんな方に向けて、多少イライラしなくなる方法を書いていこうかなと思います。

 

目次

  • はじめに
  • イライラの原因は自分ルール
  • ルールを相手に強要しない
  • さいごに

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

イライラには沢山のパターンがあります。

自分にイライラする、誰かにイライラする、なんだかわからないけどイライラする。。

それは原因が沢山あるからです。

他人に嫌なことを言われた、やりたいことができなかった、思い返してみれば人生うまくいかないことばかりだ、あの人ばっかり注目されて、、、

吹き出しどころのない憤りがイライラになっていく、そういう気持ちになったことがあると思います。

でもイライラしたくてしている人はいないはずです。ではどうすればイライラしないで済むか。

その1つの方法は「自分ルールをやめる」ことです。

イライラの原因は自分ルール

僕はイライラの原因の1つは「自分ルール」にあると思っています。

「自分ルール」というのは僕の造語ですが、「自分の中で正しいとされているルール」のことです。

このルールの重要な点は「自分の中で正しいとされている」つまり、絶対的に正しいものでなければ、他人を拘束する力もないということです。また面倒なことに、このルールは文章には書いていないので自分以外の誰もこのルールを知ることができません。そして破ってもペナルティが課されることはありません。その代わりにイライラが蓄積します笑。

 

こんな場面を想像してください。

あなたは友達に「今日はデートがあるから代わりに残りの仕事をやっておいてほしい!」と頼まれました。

あなたなら、こんなときどう思いますか?

①「仕事を投げ出してデートに行くなんてありえない!仕事をしてから行くべきだ!」

②「今度、自分が忙しくなった時には代わりに仕事をしてくれるならいいよ」

③「お幸せに!」

一番近いのはどの気持ちでしょうか?

 

ここで生まれる感情こそ「自分ルール」を表しています。

①を選んだ方は「仕事(任務)を1番優先するべきだ」

②を選んだ方は「恩には報いるべきだ」

という自分ルールをもっているのです。

「何を大事にするのか」なんていうのは人それぞれですし、友達は「今度埋め合わせをする」なんて言っていませんし、そんなことする義務は本来ありません。

しかし①の人はその場でイライラするでしょうし、②を選んだ人も後日自分が「仕事を代わってくれ」とお願いした時に、友人に断られればイライラすることでしょう。

つまり自分で(勝手に)設定したルールを他人も守るべきだと信じているために、そのルールが破られた際にイライラしてしまうのです。

ルールを相手に強要しない

しかし、自分ルールは全く悪いものではありません。

他人に強要しなければ自分ルールは個人の価値観を表し、強い価値観は個人の強みになるからです。

「仕事(任務)を1番優先するべきだ」という自分ルールをもっている人は、仕事に責任感を持つ真面目な人でしょう。与えられた仕事を期日までにきっちりこなすことができるでしょう。

「恩には報いるべきだ」という自分ルールをもっている人は、義理堅く、他人を尊重する人でしょう。自分が受けた恩は必ず返すことから、他人から信頼されやすいかもしれません。

しかし、自分ルールを他人に押し付けると、たちまちイライラの温床になってしまいます。

自分ルールは自分の身を縛る、他人を縛ることはできない、そう気がつくと他人の行動にイライラすることが減ってきます。

先ほどの例いうなら

この人は1番大切にしているものが別にあるんだな

お返しなんて期待しないよ

と思えば多少はイライラが少なくなるのではないでしょうか?

もう自分ルールを他人に強要してイライラするのはやめましょう。

そんなことをしても全くの損でしかありません。

さいごに

今日は僕が思っているイライラの原因「自分ルール」について書かせていただきました。

この記事が読者の方のイライラをする機会の減少に貢献できれば幸いです。

もちろん色々な反対意見もあると思うので、そういう方は是非コメント欄にコメントを下さると嬉しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です