慶應生突落し殺人未遂事件を受けて

今日は朝から非常に悲しいニュースが入ってきましたね。

昨晩、慶應の男子学生が彼女を駅のホームに突き落とすという事件が発生しました。

今日はこの記事からひらやまの思うところをつらつら述べさせていただきたいと思います。

目次

  • 事件概説
  • 僕の率直な感想
  • 僕の疑問「大学は恐ろしい場所なのか」
  • さいごに

このエントリーをはてなブックマークに追加

事件概説

交際相手の女性をホームから突き落として殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで、神奈川県警港北署に6日夜、逮捕された慶応大法学部3年の小沢友喜容疑者(22)=川崎市中原区上丸子=は、女性突き落とし後に逃走していたことが同署への取材で分かった。

同署によると、「殺すつもりはなかった」と容疑を否認している。
逮捕容疑は11月6日午後8時55分ごろ、東急東横線日吉駅のホームで、交際相手の同大3年の女子学生(21)を線路に突き落として殺害しようとしたとしている。女子学生は膝などを打つ軽傷を負った。

同署によると、2人は友人らと飲酒した後で、女子学生は「その後の予定をめぐってトラブルになった」と話しているという。

別の男性客から通報を受けた駅員が緊急停止ボタンを押し、侵入してきた電車はホームの約400メートル手前で停止。その後、駅員が110番通報した。

小沢容疑者は女子学生を突き落とした後に逃走し、約30分後に同駅改札付近で発見された。同署が詳しい動機などを調べている。(産経新聞)

僕の率直な感想

僕の率直な感想を言わせてもらうと

「怖すぎる」

「殺すつもりはなかった」って言っても電車のホームに人突落したら最悪の場合どうなるかわかるでしょう?それにヤバイと思ったから現場から逃走したのではないでしょうか。ちょっとこの一連の行動は信じられません。

そして突き落とされた女子学生には同情の念を禁じえません。

実は僕つい先日、満員電車から押し出される時に足を滑らせてホームと電車の隙間に落ちてしまったのですが、その時でさえ「あ、死ぬ」と思いました。自力でホームに乗り上がりましたが、心拍数が上がって落ち着くのに5分くらいかかりました。それだけホームに落ちるって恐ろしいことなんです。

もちろん、こんな些細な経験から推測して語るのは僭越ですが、女子学生は本当に怖かったと思います。ましてや信頼してる相手から突き落とされるなんて、、、怪我からの早期の回復と今後の生活に支障が出ないことをお祈りいたします。

僕の疑問「大学は”恐ろしい場所”なのか」

先日の広告学研究会の強姦事件に続き、慶應大学に通う学生の手によって悲しい事件が起きてしまいました。

実は先日の広告学研究会の事件の犯人とは新歓期に話したことがあったり、今回の犯人ともどうやらサークルの試合で対戦していたようです。そう、身近なところに恐ろしい奴がいる。そのことに気がついた僕は

「もしかしたら(慶應)大学は恐ろしい場所なのか」

と思ってしまう。

いつ誰が自分のことを突き落としてくるかもわからない、そういう中で生きていかなくてはいけないのか。

もしかしたらそうなのかもしれない。よく考えれば、大学は何をしでかすかわからない他人に囲まれている。特に慶應は1学年に数千の学生がいるから、その半分も把握することが不可能だ。これほど恐ろしい環境はない。

今までは「同じ慶應生だから大丈夫」という意識でなんとなく安心をしていたかもしれないが、これからは「同じ慶應生であっても信用ならない」いやむしろ、「慶應生は信用ならない」と思う人が出てきても不思議ではないし、僕はそういう気持ちに傾きつつある。

もちろん、すべての学生が恐ろしい奴であるとは言っていない。しかし残念ながら僕は誰が恐ろしい奴なのかを見抜ける自信がないし、そもそも「絶対に大丈夫」なんてことは世の中にありえない。

つまり僕は常に全方位を警戒しながら、騙されないように、裏切られないように生きていく必要が出てきた。こんなに残念なことはない。

さいごに

今日は慶應の学生を巻き込んだ悲しい事件の概要とそこからの僕の意見を書かせていただきました。
今日は1日、何があるかわからない世の中での身の振り方について考えることになりそうです。


 

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      経験のおかげで周囲には思いがけない危険がいっぱい潜んでいるということに気がつきました。気をつけて生きていきたいと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です