ヤクルト新加入、榎本葵選手紹介!今季二軍成績詳細ほか

ヤクルトが楽天を戦力外となった榎本葵選手を獲得しました!

今日はその榎本選手の今までの実績や今季成績(二軍)をご紹介していこうと思います。
目次

  • 榎本選手略歴
  • 今季成績(二軍)
  • ヤクルトで期待される活躍
  • さいごに

このエントリーをはてなブックマークに追加

榎本選手略歴

榎本葵(24歳) 九州国際大学付属高校ー楽天(D4位)、左投左打

東北楽天にドラフト4位で入団
2年目の2012年にフレッシュオールスター優秀選手賞
4年目の2014年にU21日本代表選出
5年目の2015年シーズン後に育成選手として再契約
6年目の今年、楽天を戦力外に。同年トライアウトを受験後、ヤクルトと契約。背番号は64

今季成績(二軍)

試合 打率 本塁打 打点 盗塁
榎本葵 60 .287 1 16 3

榎本選手は1軍での出場はありませんでしたが、イースタンリーグで60試合に出場して以上の成績を残しました。今季は開幕から徐々に調子を上げ、一時は打率が3割を大きく上回りました。しかし、7月に離脱してからは出場試合が減少し、7~9の3か月で9試合のみの出場に終わっています。

守備はレフト、センター、ライトに加えてファーストにもつきました。

左翼 中堅 右翼 一塁
出場試合 18 12 20 16

今季はオコエ選手の加入もありセンターを守る機会が少なかったようですが、十分センターも守ることができるようです。

ヤクルトで期待される活躍

ヤクルトでは主にセンターを守ることになるのではないかと考えられます。

現在のヤクルトの主な外野手はバレンティン(左翼)、坂口(中堅)、雄平(右翼)にレギュラーに加えて上田、比屋根、飯原、鵜久森、三輪といった陣容です。

この中でセンターを守ることができるのは坂口、上田、比屋根、山崎の4人です。今までの経歴から坂口、上田、比屋根ともに来年通年で活躍する保証はできないので、バックアップとしてセンターを守る機会が増えそうです。

当面のライバルは同じ左打ちの上田選手でしょう。上田選手は守備走塁は抜群ですが、打撃には課題が多くある選手ですので、榎本選手が打撃でアピールすることができれば1軍入りがぐっと近づきます。

さいごに

本日はヤクルトに新加入した榎本選手をご紹介しました。

榎本選手のこれからの活躍に期待して応援していきましょう〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です