巨人の名捕手も!〜1月9日生まれの野球選手〜

今日1月9日は全国で成人式が行われています。
そして毎年恒例の大暴れする新成人が報道されていますね。。。

そんな本日、1月9日生まれの野球選手をご紹介していきます。

目次

  • 森祇晶選手
  • 西村徳文選手
  • さいごに

このエントリーをはてなブックマークに追加

森祇晶選手(巨人)

森選手は巨人V9時代を支えた名捕手です。守備が非常に優れており野村克也選手同様にデータを利用した野球を行っていたそうです。

1961年から8年連続でベストナインに輝き、20年間にわたり巨人で活躍した息の長い選手でもありました。

西武監督時代

1986年に西武の監督に就任すると緻密な野球を展開し、9年間で8度のリーグ優勝、1990年からは新記録となる5年連続でパリーグ制覇を成し遂げるなど西武黄金期を築きました。

横浜監督時代

2001年には横浜の監督に就任します。しかし権藤監督で根付いた横浜の自由なチームの雰囲気と森監督が目指す緻密さがマッチせず、西武時代のように思うような結果は残せずに2年目のシーズン途中に解任されてしまいました。

試合 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
森祇晶(通算)  1884 6149 5686 1341 81  582 29 469  .236

 西村徳文選手(ロッテ)

西村選手は俊足のスイッチヒッターとしてロッテで活躍された選手で、2012年までロッテの監督も務められました。

パリーグ史上初内外野でゴールデングラブ賞受賞

西村選手の入団時のポジションはセカンドで、1985年には二塁手部門でゴールデングラブ賞とベストナインを獲得します。その後センターにコンバートされると1990年に外野手部門でゴールデングラブ賞を獲得。これはパリーグ史上初の記録であり、稲葉選手(日本ハム=外野手と一塁手で同賞を獲得)が記録するまで唯一の記録でした。

パリーグ史上初の両打ちでの首位打者

また1990年に、西村選手はパリーグ史上初となる両打ち選手としての首位打者に輝いています!

現在まで両打ちで首位打者を獲得した選手は以下のとおり。
正田耕三(広島=1987,88年)
金城龍彦(横浜=2000年)
西岡剛(ロッテ=2010年)

ロッテ監督時代

2010年に監督に就任すると、レギュラーシーズンは3位であったものの”史上最大の下克上”を果たし、見事日本一に輝きました。(3位からの日本一は史上初めて)

試合 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 三振 打率
西村徳文(通算)  1433 5417 4777 1298 33  326 363 471  .272

さいごに

ひらやま
本日は1月9日生まれの野球選手をご紹介しました。森選手、西村選手と選手時代はもちろん監督としても活躍された二人が同じ1月9日生まれというのは面白いですね。また次回も宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です