ヤクルト二軍西都キャンプに行ってきた!

こんにちは、ひらやまです。
昨日は宮崎で二軍西都キャンプに行ってきたので、そのレポートをしていきたいと思います!

目次

  • 施設紹介
  • 練習風景
  • サインが狙えるスポット!
  • 西都原運動公園へのアクセス
  • さいごに

このエントリーをはてなブックマークに追加

施設紹介

ヤクルト二軍がキャンプを行っているのが西都原運動公園(さいとばるうんどうこうえん)です!

宮崎市からは車で約1時間ほどのところにあります。


球場の正面にはその日の練習メニューが書かれた紙が掲示されています!
数字は選手の背番号で、縦に見るとその選手の1日のメニューを知ることができます。


これがメインスタジアムです。両翼は95メートルですがなかなか立派な球場です。


メインスタジアムの奥には室内練習場があり、隣にはブルペンが併設されています。


室内練習場の外には陸上競技場があります。ランニングなどはこちらで行います。


公園への入り口近くにはトレーニングルームがあります。

練習風景

僕は朝の10時すぎに球場に到着しましたが、ちょうど投手陣のアップが終わり室内練習場での練習が始まる頃でした。
室内ではサインプレーの練習ということでカーテンを閉められてしまい外から覗くことができず…しばし待機。。。


室内での練習が終わると選手はメインスタジアムへ移動します。目の前を選手が駆けていくのは迫力満点でした!やはりプロ選手の身体は大きいですね!


守備練習が始まります!
この日から元ロッテの大松選手が練習に合流したようで、
一塁:武内、大松、原
二塁:三輪、渡邉
三塁:藤井
遊撃:奥村
左翼:大松、原
中堅:榎本
右翼:飯原
という布陣での練習でした。
大松選手は足の故障の影響もあってか、レフト線の打球を簡単に二塁打にしてしまうなど左翼での守備は少し動きが悪いなと感じました。実際に起用する場合は一塁での起用がメインになるのではないでしょうか。

当ブログ「大松選手の起用法への考察記事」はこちら!よろしければ合わせてお読みください!

ヤクルト・大松選手獲得報道を受けての考察

2017.01.10

人数が少ないということもあってランナー役はコーチ陣でユウイチコーチや北川コーチが激走していました笑!
選手との距離も近く、観客も少ないので、コーチや選手の声がよく聞こえます。
三輪選手と飯原選手が守備について声をかけあったり、和やかな雰囲気での練習でした。


続いて僕はブルペンに移動しました!なんと幸運なことにこの日は由規投手が一番手前で投球をしていました!
他の投手よりも球が明らかに速い!さすがの投球です。
「カーブいきます」というような声も聞こえるので臨場感も抜群!ストレートやカーブ、フォークを投げ込んでいました!
そのほかで目立ったのは新人の梅野投手です!直球の球速なら由規投手並みかそれ以上のもので、キャッチャーミットに快音をならせていました!

サインが狙えるスポット

キャンプといえばサインがもらえるといいますよね!西都キャンプでもサインをもらうスポットはあります!
ランチの時間にトレーニングルームとメインスタジアムの間に選手が結構行き来するのでサインをもらうチャンスです!
僕と一緒に訪れた友人は、この日から合流した寺島投手のサインを見事ゲットしていました!
ちなみに僕は色紙を持って行き忘れる痛恨のミスをしたので三輪選手に「練習頑張ってください」と手を振るのが精一杯でした笑

西都原運動公園へのアクセス


ヤクルト二軍キャンプへ行くには車で行くのが絶対オススメです!!
バスは本数も少なく、バス停からも結構歩くようですので車が良いと思います。
だいたい宮崎駅から1時間弱で到着します。
有料道路を使っても使わなくてもだいたい同じ所要時間なので、有料道路を使わない経路がオススメですね。

また球場付近には食事ができるお店やコンビニがあまりないので、1日中キャンプを見たいという人は事前に食料を購入しておいた方がいいですね!

さいごに

ひらやま
本日は西都キャンプのレポートをしました!今からシーズン開幕が非常に楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です