【就活】証明写真をデータでもらえる印刷機Ki-Re-i EXを紹介したい。

6月も半ばに入ってきて学部3年生はサマーインターンシップへの応募を始めたようですね。

エントリーシートを書くのって大変ですが、それにつきものなのが“証明写真”です。

ESをウェブで提出する企業には、証明写真をデータで提出する必要があります。

そしてどうやら、この”データで提出”というところにつまずく人が一定数いるようで、

先日も後輩に「データで提出って、スマホで自撮りすればいいんですか?」

と言われてあっけにとられてしまいました。

自撮りはあかんだろ…

ということで、本日は証明写真をデータでもらえる写真機”Ki-Re-i”をご紹介します。

Ki-Re-iとは。

本当に言わせて貰えば、DNPさんのこちらのHPをみてくださいということなのですが、僕なりにも紹介していきたいと思います。

Ki-Re-iEXは証明写真機の名称なのですが、この機会のすごいところは「スマホに証明写真のデータを送ることができる」ということです!

手順としては

①事前にデータ送受信のための専用アプリ”Ki-Re-i ID Photo”をスマホにダウンロード。

②Ki-re-i EXで「証明写真+写真データ」を選択し証明写真を撮影。

③画面の指示に従ってスマホをWifiに接続し、アプリを開きます。

④画像データがスマホに送信されます!

⑤スマホからPCに画像データを送れば、データとして証明写真を企業に送信できます!

要するに、とても簡単です。

注:アプリを入れずに証明写真を先に取ってしまうと時間を大幅に取ってしまうので、必ずアプリを事前に入れておきましょう!

お気に入りの写真を何度でも印刷!

Ki-Re-iのすごいところはそれだけではありません。

1度データとしてアプリに保存しておけば、そのデータを写真機で再プリントすることができるんです!

証明写真がなくなったから、わざわざ写真を撮るためだけにスーツを着て〜 なんて面倒なことはもうしなくて大丈夫です。スマホから写真機にデータを送れば、証明写真が印刷されます!

それにいい写りで撮れた証明写真を何度も使いまわせるっていうのもいいですよね。

僕は写真写りが基本よくないので、たまたま上手く撮れた証明写真をKi-Re-iで使いまわしました笑。

Ki-Re-iを使えば、写真にこだわりがある人も証明写真に時間を取られることも無くなるのではないでしょうか?

さいごに

“人物重視の採用”と言っても、第一印象は見た目で決まってしまうのが実際でしょう。

証明写真はある意味で”初対面”になります。

いい写真を使って、良いイメージをつけちゃいしょう!(くれぐれも自撮りの写真を使ったりしてはいけませんよ笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です