ヤクルト新外国人選手2018年マット・カラシティ選手昨年成績・動画など

先日ヤクルトの新外国人選手の獲得が発表されました。

獲得が発表されたのはマット・カラシティ投手(26)です。

右投げの投手で今季はアメリカAAA級でプレー。

そんなカラシティ選手をご紹介します。

今季成績

今季はAAAで主に中継ぎ〜抑えとして活躍しました。

46試合登板 49.2イニングス 防御率3.26
1勝3敗21セーブ 68奪三振 23与四球 被打率.259
WHIP1.45 GO/A0 1.48

という成績でした。

特筆すべきは奪三振の多さです。イニング数を大きく上回る奪三振数は空振りが取れるという証拠です。近年の助っ人外国人投手で成功するのは、このように三振を取れる投手が多いですから、とても期待が持てます。

一方で被打率.259と与四球23は良い数字とは言えません。コントロールに難があるというのがここから伺えます。といってもコントロールが良ければメジャーでも通用するでしょうし、そんな選手はなかなか日本にはやってこないので、仕方ないといえば仕方ありません笑。

現在ではソフトバンクで不動の抑えをしているサファテ投手も、日本に来る前年のAAA級での成績は56イニングで27与四球ですから、カラシティ投手もサファテ投手と同じように日本で成長してくれることを期待しましょう。

カラシティ投手の動画

2017年の投球動画がこちらです。

まっすぐと落ちる球をメインで投げているのがわかります。

時折スライダー?のような球も投げているようですね。

2018シーズンではおそらく最終回を任される守護神としての活躍が期待されることになると思いますが、どうにかチームを最下位から脱出させるように力を振り絞って欲しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です