FA人的補償で巨人・高木勇人が西武へ[人的補償][野上]

FAで巨人に入団した野上投手の人的補償で、高木勇人投手が西武へ移籍することが発表されました。

巨人・高木勇人が西武へ移籍 FA野上の人的補償で

巨人は18日、FA(フリーエージェント)制度による野上亮磨獲得に伴う人的補償のため、高木勇人が西武に移籍することを発表した。

高木は2014年のドラフト3位で巨人に入団した28歳の右腕。プロ1年目からローテーションの一角として9勝(10敗)を挙げたものの、2年目は5勝9敗で防御率4.31と結果を残せず。今季はバントを試みた際に投球を指に受けてしまう不運な負傷もあってキャリア最少の16試合の登板に留まり、1勝2敗という成績に終わっていた。

移籍の通知を受けた高木は「3年間でしたが、巨人軍関係者の皆様や温かい声援を送ってくださったファンの皆様との出会いが自分にとって大きな財産となりました。『勝ちたい』という気持ちを強く持ち、西武ライオンズの優勝に少しでも貢献できるように頑張ることでお世話になった方々やファンの皆様に恩返しをしたいと思います」と球団を通じてコメントを発表。

巨人の鹿取義隆GMは「新天地でも活躍されることを期待しています。先発ローテーションに入り、チームに貢献してもらいたいです」とエールを送った。

(ニッポン放送ショウアップナイターより)

先日行った僕の予想では、高木投手はプロテクト内でしたのでこの移籍には驚きです。

巨人人的補償プロテクト選手予想[野上FA][2018年]

2017.12.17

先発投手として野上投手を獲得した一方で、先発候補である高木投手をプロテクトから外すというのは正直頷きがたい戦略ですが、今季成績が芳しくなかったためプロテクトから外されるという形になったのでしょうか。

おそらく僕の予想を改変すると
IN 内海哲也 山口鉄也
OUT 高木勇人 今村信貴

といった感じだったのではないでしょうか。やはりベテラン選手をプロテクトすることによって比較的若い選手がプロテクトを外れてしまうのは仕方ないのでしょう。

一方でライオンズは野上投手、牧田投手が移籍退団するということで投手補強が最大のテーマとなっていました。間違いなく西武でのチャンスはあるはずです。

高木投手には是非新天地で活躍をして欲しいですね。

合わせて読みたい

人的補償移籍で最も活躍した選手は?

2016.12.17

過去に人的補償で移籍した選手についてまとめた記事です。

こちらも併せてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です