確定拠出年金とは?やるべき?

こんにちは。平山です。

これから社会人になるけれど、給料ってどうすればいいのだろうか。

貯金した方がいい?投資した方がいい?

そういう疑問がなんとなく僕の周りで起きているので、今日はその選択肢の一つ、確定拠出年金制度をご紹介します。

確定拠出年金はTVなどでも取り上げられていて、名前だけは聞いたことがあるけど、実際はどういう制度なのかわからない、と思っている人が多くいると思います。

そんな確定拠出年金制度、

果たしてお得なのか。やるべきなのか、見送るべきなのか。できる限りわかりやすくまとめてみました。

目次

  • 確定拠出年金制度とは?
  • 投資先(商品)はどのようなものがあるの?
  • 確定拠出年金のメリットは?
  • 確定拠出年金のデメリットは?
  • 確定拠出年金はやるべき?
  • 確定拠出年金のまとめ
  • 確定拠出年金制度とは?

    まず制度の概要ですが、最初に言っておくと

    確定拠出年金は「投資」です。

    「年金」というワードが入っているので、月々お金を支払うと、後から決まった額がもらえる、というようなイメージを抱くという方もいると思いますが、確定拠出年金は投資です。

    一般の投資と同じで、投資をする先によって利益が大きく出るかもしれないし、出ないかもしれません。

    国民年金や厚生年金が賭け金に対して決まったリターンがあるのとは違います。

    確定拠出年金は月々の積立投資になります。

    自分が設定した一定額を毎月拠出し、運用するのです。

    なぜ「年金」なのかというと(原則)60歳以降にならないと引き出すことができないためです。

    60歳以降、自分が積み立てたお金+運用益が年金、あるいは一時金として支払われます。

    投資先(商品)はどのようなものがあるの?

    確定拠出年金は、我々利用者が自由に投資先を選択することはできません。

    あらかじめ決められている商品の中から選択することになります。

    商品①:定期預金

    まず定期預金や保険があります。通常の定期預金と同じで預入額に金利がついていくものです。金利分だけの利益が確実に出ますが、金利自体はそこまで高くないので大きなリターンは期待できません。

    商品②:投資信託

    証券会社が提供する投資信託のいくつかも商品として指定されています。

    おそらくこちらの方が人気なのではないでしょうか。

    投資信託とは、証券会社に手数料を支払う代わりに資産の運用を委託するものです。

    運用の成果にはばらつきがあるので利益がどれほど出るかはわかりませんが、大きな利益が出る可能性もあります。

    確定拠出年金のメリットは?

    なんとなく制度の全貌が分かってきたと思いますので、ここで確定拠出年金をやるメリットを紹介したいと思います。

    税金が安くなる(控除が受けられる)

    まず税金が安くなります。

    なぜなら確定拠出年金に投資したお金は全額所得控除の対象(課税対象から外れる)になるからです。

    例えば年収400万円の人が月に1万円ずつ、年に12万円を確定拠出年金に投資したとすると、ザックリだいたい1.5万円くらいの節税になります。拠出額が大きければ大きいほど控除も大きくなるので、税金がさらに安くなります!

    運用益は非課税

    また確定拠出年金で運用してえ得られた利益は課税の対象ではありません。利益が出ればそれを丸々もらうことができます。通常の株式投資などには税金がかかりますので、この点において確定拠出年金はアドバンテージがあります。

    確定拠出年金のデメリットは?


    しかしいいことばかりではありません。

    確定拠出年金にはデメリットがあります。

    それは

    60歳になるまで一切引き出すことができない

    ということです。

    急にお金が必要になっても確定拠出年金から引き出すことはできません。

    これめちゃめちゃデメリットですよ。

    普通の株式投資なら、お金にしたいと思ったタイミングですぐに現金化することができますし、普通に貯金していれば当然、口座からお金を下ろすことができますからね。

    しかし一方で、「お金を貯めたいのに、口座にお金があるとすぐ使っちゃう!」っていう人はむしろ絶対に引き出せないというのはメリットになりますね。

    確定拠出年金はやるべき?


    さて、ここまで見てきましたが、確定拠出年金をやるべきなのでしょうか?

    これはもう個人の趣向なのでそれぞれでしょうが、

    僕は今の所、やる予定はないです笑。

    なぜなら、お金が引き出せるようになる60歳というのはあまりにも先すぎるから。

    60歳って、今40歳くらいの人にとっては20年後くらいの話ですが、僕にとっては40年後の話ですからね。

    ひらやま
    そんな先のために今使えるお金を減らすのはちょっとなあ。。

    40年後ってまず生きてるかどうかすら不明ですよ。何があるかわからない世の中ですからね〜

    節税メリットはめちゃ大きいですが、給料が多くないうちは拠出額を大きくすることが難しく、そこまで節税の恩恵を受けられないですし、確定拠出年金以外の金融商品に手を出してみたいという気持ちもあります。

    年齢を重ねて、もう少し給料がたくさんもらえるようになったらチャレンジしようかな、といったスタンスでしばらくは様子を見てみたいと思います。

    皆さんも自分のライフスタイルに合わせて、利用を検討してみましょう!

    確定拠出年金のまとめ

    1. 確定拠出年金は積立投資である
    2. リターンは自分で選んだ金融商品によって異なる
    3. 金融商品には定期預金や投資信託がある
    4. 投資したお金とその利益は60歳になるまで引き出せない
    5. 税控除や非課税のメリットがある

     

     

    関連記事

    新社会人向け、年会費無料のお得なクレジットカードをまとめてみた。

    2018.02.27

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です