忘れがちな海外出張の持ち物5選

こんにちは。平山です。

海外出張、しっかりと準備したはずなのに、現地に着いてみると「忘れた!」となるものが多いものです。僕も合計3ヶ月ほど海外出張を経験しましたが、毎回何かしらを忘れます。現地に着いて慌てないために、これから海外出張を計画されている方は、この記事を読んで準備に役立ててください!

忘れがち1位:靴磨き


まず忘れがちになるのが靴磨きです。
普段の旅行ではまず持って行かないので忘れやすい!
現地で買っても良いですが、普段使っていないものを使って靴の色が落ちたり、痛んでしまうかもしれません。自分の普段使っているものを持って行くのがベストだと思います。

忘れがち2位:爪切り


次に忘れやすいのが爪切りです。
女性だと爪に気を使っている方も多いのでしょうが男性ですと忘れがちです。
こちらも現地で買っても良いですが、国外の爪切りって意外と使いにくかったり、高かったりします(と言っても500円くらいですが)
小さく、かさばることもないので持って行ってしまいましょう。

忘れがち3位:部屋履き


忘れがち、というよりも着いてから必要と気がつくケースが多いでしょうか。ホテル内の移動や近くのお店まで少し行く、と行った時にサンダルやスニーカーなどの部屋履きがあるととても便利です。物価の安い国であれば現地で買ってしまっても良いですが、そうでないのであれば日本で安いものを買って持って行った方が良いですね。朝起きてホテルの朝食場まで行くのに靴下を履くのが面倒な人は、サンダルを重宝しますよ。

忘れがち4位:ランドリーバッグ


長期出張が多くなる海外出張では服を洗濯する機会も多くあります。ホテルのサービスで洗濯が付いているのであれば問題ありませんが、自分でランドリーに行く必要がある場合にはランドリーバッグは必須です。1週間分の洗濯物が入るような大き目のバッグを持って行くと良いでしょう。

忘れがち5位:充電器

最後に気をつけたいのが充電器です。

自宅で出発直前まで充電していて、充電器を家においてきてしまった!ということはありませんか?携帯の充電器は持ってきたけど、ワイヤレスのイヤホンの充電器は忘れた..ということもありませんか?
また、海外は国によってはコンセントの形が違いますので、変換アダプタが必要ということもあります。自分が行く国のコンセントの形を一々調べるのなんて面倒ですから、以下のような全形式対応のアダプタを1つ持っておくことをお勧めします!

最後に

いかがだったでしょうか?

もしまだバッグに入れていないものがあったら入れてしまいましょう。

より快適な出張生活を送ってください。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です