簿記2級に合格するための勉強時間・勉強法

「簿記2級」はめちゃくちゃポピュラーな資格試験ですね。

学生から社会人まで幅広い人に受験されていることもあり、なんと1回あたりの受験者数はなんと5万人前後!

それでいて合格率は約30%とあまり高くありません。

そこで今日は簿記2級の簡単なコツを書いて行きます。

簿記2級の基本情報

まずは簿記2級の試験についておさらいしておきましょう。

簿記2級は主に「商業簿記」と「工業簿記」の2科目から構成されます。

イメージとしては「商業簿記」はお店の帳簿、「工業簿記」は工場の帳簿です。具体的には、商業簿記はお店の利益の計算、工業簿記は製造原価などを計算する科目となっています。

簿記2級は商業簿記と工業簿記合計で100点満点。合計得点率70%で合格となります。どちらかの点数が悪くても合計で70%を超えていれば合格です。

簿記3級から受けた方がいいの?

簿記2級を受験する人からよくされる質問第一位が「簿記3級から受けた方がいいの?」です。

個人的な見解ですが、簿記3級を受ける必要はないと思います。

理由は簿記2級から勉強して十分合格できることと、簿記3級の資格的価値があまり高くないからです。

簿記2級の参考書は初学者向けに簿記3級レベルの基本的なことから記載されているものばかりで勉強する分に困ることはありません。簿記3級は2級に比べると試験範囲が狭くなっています。そのため簿記3級は受かりやすい資格ではありますが、裏を返せば、資格としての価値はあまりないというのが実際のところです。また簿記2級を受験する際には勉強が必要となり効率も悪いです。

勉強時間はどのくらいかかるの?

簿記2級を合格するために必要な勉強時間は、もちろん人によって個人差はありますが150~250時間くらいではないかと思います。人によってテキストを読み込む時間は異なりますが、問題演習は過去問10回分を3周するとして2h x 3 x 10 = 60h。復習を込みで90hくらいは使う算段はしておいた方がいいと思います。

ちなみに僕は4ヶ月ほどの独学で合格しましたが、テキストの読み込みと練習問題に60hくらい(1日1~2hの勉強を1ヶ月ちょい)、問題演習を130hくらい(1日1~2hの勉強を3ヶ月くらい)しました。効率がいい人はもっと短時間で行けると思います。

勉強法のコツ

簿記を勉強して思った個人的勉強法のコツは“問題を解きまくること”です。

簿記は「知識ではわかったつもりなのに、いざ問題になると解き方がわからない。」系の勉強であると思いました。もちろん知識があっても問題が解けないと意味がないです。合格するためにテストの練習として、問題を解く練習をするべきです。

とはいえ、何もない状態から問題を解いても解けるはずもないので、最初はインプット作業として参考書などを読みましょう。ここで大事なことは全てを理解しようとしてはいけません。「なんだかちょっとわからないけど、とりあえず飛ばして先行くか」くらいの気持ちで読みましょう。簿記は読んだだけではわかりにくい部分が多く問題を解きながら理解する方がはるかに効率的です。

サラッと内容を把握した後は問題演習に取り組みましょう。最初はテキストについている問題集を解いていけばOKです。

そしてテキストを1周したら過去問にチャレンジしてみましょう。

簿記の資格勉強では過去問を一番大事に、繰り返し解くことが大切になります。なぜなら過去に出題された問題こそが1番の試験の練習になるからです。1番最初に過去問に取り組む時は半分も解けないかと思いますが問題ないです。逆に70%以上余裕で取れていれば天才だと思います。。

過去問の勉強方法としては、最初は一気に試験のようにして解くのではなく大問ごとに取り組むのが良いでしょう。そのほうが問題に取り組んだ後の復習に集中ができると思います。慣れてきて2周、3周目に入って行ったら試験時間を意識して時間内に解くようにしましょう。

復習する際は模範解答の再現を実行しましょう。解けなかった問題を復習する際に、問題に関して知識がなかったのであれば参考書を読み返すのはもちろんですが、その後には模範解答通りの回答を自分で再現することがとても大切です。何も見ずにもう一度問題を解くようにして、模範解答を自分の力で再現するように解いてみてください。これは実力をつけるのにめちゃくちゃ近道です。特に工業簿記や商業簿記の後半の問題は一問一答ではなく、流れに沿って問題を解くものです。単なる知識ではなく解答の道筋が重要ですので、模範回答を再現することができれるようになれば得点力がぐっと上がります。

商業簿記のコツ

商業簿記のコツは1つ1つの仕訳を確実に覚えることです。

そもそも仕訳ができないと簿記は始まりません。確実に理解をするようにしましょう。また、試験の大問1では単純な仕訳問題が出題されます。これは全ての問題の中で最も難易度が低いと言えるセクションですので確実に得点したいです。

工業簿記のコツ

工業簿記のコツは解法のパターンを覚えてしまうことです。

工業簿記は商業簿記以上に問題のパターンが決まっています。過去問をすればわかりますが、棚卸在庫やら仕掛品やら、大体いつも同じような問題ばかりです。巷では「簿記2級は工業簿記が難しい」という人も見受けられますが、僕は工業簿記こそ簡単だと思います。とにかく問題を解いて解法を覚えてしまえば一番の得点源となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です