こんにちは。

クライマックスシリーズが盛り上がっておりますが、その一方でストーブリーグも盛り上がってきました。

その中で昨日、日本代表経験もある嶋基宏選手の退団が報道されました!

今季は故障の影響もあり、本来の活躍ができていませんでしたが、まさか退団とは驚きですね。

ヤクルトが獲得調査へ

【楽天】嶋、退団を決意「まだやれる」ロッテ、ヤクルト、中日が獲得乗り出す

そんな中、本日の報知新聞でヤクルトが獲得に乗り出すという記事が出ました!

記事の内容としては憶測でしかないようですが、可能性は十分あるのではないでしょうか。

今年のヤクルトの捕手陣のおさらい

今季のヤクルトの捕手の陣容は以下の通りでした。

中村
松本
西田
古賀
井野
大村
山川(戦力外)
内山(育成)

そもそも捕手ってヤクルトの補強ポイントなの?

今季は正捕手を中村選手が、バックアップを松本選手や西田選手が主に務めました。特に松本選手の急成長ぶりには目を見張るものがありましたね!

しかし一方で、大村選手や西田選手は捕手としてよりも代打や一塁手としての出場が多くなっており、また古賀選手は一軍のベンチに入るにはまだ若く、逆に井野選手には衰えの色が見えてきています。また何より正捕手の中村選手が手術を受けることを発表。来シーズンの開幕からフルで出場できるのかどうかに関しては定かではありまん。

ヤクルト・中村、右肘のクリーニング手術へ

一軍レベルの捕手への需要は大きくなっています。

捕手は補強ポイントの1つといって間違い無いでしょう。

嶋選手はヤクルトにフィットするの?

年齢別にヤクルトの捕手陣を見てみると以下のようになっております。

 

 

 

 

 

年齢としては中村選手〜松本選手までがほぼ同年代、内山選手と古賀選手が若手です。一方でベテラン捕手は井野選手のみ。ベテランかつ一軍経験豊富な嶋選手はヤクルトにはいないタイプです。

嶋選手の退団報道を見ていると「一軍のスタメンで勝負したい」という強い意志が感じられますが、ヤクルトの場合1番手は中村選手でほぼ決まり。2番手は今季成長著しい松本選手が入ることになると思いますが、前述の通り、中村選手は手術明けであり、また松本選手も経験の面で言うと不足感が否めません。嶋選手もスタメンで出場する機会が十分に考えられます。また、チームとしても中村選手のバックアップ兼松本選手の教育役としてベンチに嶋選手がいれば、これほど心強いものはないのでは無いでしょうか。また近年は捕手の複数人制が流行です。中村選手や松本選手と併用での3番手起用、あるいは抑え捕手としての起用も十分に考えられます。

中村選手の手術の影響次第で出場機会はありそう!

嶋選手のリーダーシップにも注目

そして嶋選手を語る上で欠かせないのがリーダーシップです。嶋選手は人望が非常に厚く、キャプテンや選手会長を歴任されてきました。

現在のヤクルトは青木選手や雄平選手といったベテラン選手は多くが外野手で、捕手、内野陣のベンチ入りメンバーで最年長は川端選手と荒木選手の32歳と、若手が多いことが特徴です。その中でリーダーシップをとっていくのは恐らく西浦選手や山田選手や中村選手といったあたりだと思いますが、どちらかと言うと頼れるキャプテン型というよりも伴走型の盛り上げ型のように思われます。チームがさらに強くなっていくには、リーダーシップのある選手が首脳陣と選手の架け橋になったり、雰囲気を作っていくことが必要だと思います。そんなかで嶋選手のリーダーシップはチームに良い影響を与えてくれるのでは無いでしょうか。

リーダーシップがチームに好影響を与える可能性大!

来季嶋選手は活躍できるのか?

しかし嶋選手が来季、一軍で活躍できるかどうかに関しては疑問も残ります。今季は盗塁阻止率が1割を割り込み、打率も2割前後と厳しい成績になっています。しかし怪我が回復すれば一軍レベルのパフォーマンスを発揮できることは間違いありません。ヤクルト・嶋の誕生があるのか、今後の報道を要チェックです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です