ひらやま
ヤクルトスワローズが新外国人選手アルシデス・エスコバー選手の獲得を発表。
今日はそのエスコバー選手の紹介を動画を中心にしていきたいと思います。

ヤクルト、エスコバー獲得を発表 背番号は2

エスコバー選手経歴

出身は南米のベネズエラの右投げ右打ちの内野手。

メジャーではブルワーズとロイヤルズに合わせて11年間プレーし、うち9シーズンで規定打席に到達。

通算1467試合出場で1367安打。2015年には遊撃手としてゴールドグラブを受賞。

今季はマイナー3Aでプレーしていたが、メジャー昇格はなし。

エスコバーの守備がすごい

2015年、ゴールドグラブを受賞した年のエスコバー選手の守備の動画がこちら。

ひらやま
肩が強い!あとベアハンドキャッチしすぎ笑

エスコバーの打撃がこれ

ひらやま
3Aということでなかなか今年の映像を見つけるのに苦労しましたが、こちらが2019年の映像です。

私はプロではないので1打席みてもなんとも言えませんが、ちょこちょこ動きながらタイミングを取るタイプのようですね。日本の変化球攻めに対応できるのかどうかが気になります。

エスコバーの人間性がすごい!

プレーの動画を探している中で見つけてしまった、次の動画がエスコバー選手の人間性を表していて、非常にグッときてしまいました。

動画によると、エスコバー選手は故郷ベネズエラの情勢を憂いSNSでの情報の発信を行ったり、また子供達のために「エスコバーアカデミー」を開設して子供達の教育を支援しているそうです。中南米出身の選手というと陽気なキャラクターと思いがちですが、非常に真面目で真摯な一面を持っているようです。

ひらやま
ヤクルトの助っ人外国人選手獲得の基準の一つに”真面目さ”があると聞いたことがありますが、まさにこの基準に合致しているのかもしれません。

ひらやま
様々な動画を紹介しましたが、やはり実物を見てみないことには何もわかりません。早く来年になって実際にプレーを見てみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です