ヤクルト2020年スタメン予想してみました。

バレンティンがヤクルトの保留者名簿から外れ他球団への移籍が濃厚になりました。

そうなってくると、主砲のバレンティンを欠くことになるヤクルトがどのような布陣で2020年シーズンに挑むのかに非常に興味が高まりますね。そこで本日は2020年ヤクルトのスターティングラインナップの予想をしてみました。

記事末には意外な平山のイチオシ選手も紹介していますので、最後までご覧いただけると幸いです。

2020年ヤクルト予想スタメン

バレンティンの穴となるレフトには青木をセンターからコンバートし、センターには2019シーズン後半戦スタメンで使われていた塩見、あるいは山崎の起用が濃厚ではないかと予想する。外野のもう一角ライトは雄平と2年目中山の争いになることが有力。中山が入る場合は青木をライト、中山をレフト、という布陣も考えられる。打力で考えれば荒木もレフトのポジションに入ってもおかしくない。

新人王を獲得した村上2019シーズン終了直後には村上サード再挑戦という報道もありましたが、コンディション不良でフェニックスリーグおよび秋キャンプで十分な練習ができなかったこと、内野がメインポジションのエスコバーを獲得したことから来季も一塁がメインポジションになりそう。一塁には対抗として坂口がいるが怪我明けでコンディションが不透明な部分がある。できれば村上にシーズン通してポジションを守り抜くほどの活躍を期待したい。その場合、坂口は自然と外野での起用となるため、青木や中山らと両翼争いをすることになりそうだ。

新外国人のエスコバーのポジションにも注目。本職はショートだが2019シーズンは3Aで三塁でも出場している。ショートは西浦、廣岡、太田、奥村らとの争いになるが、日本野球に適応し元メジャーの実力を発揮できれば、エスコバーが最有力候補で間違いないといって過言ではないだろう。打力のある廣岡や太田は三塁、あるいは外野での起用も視野に入ってくる。西浦と奥村はまずは守備から存在感を出していきたい。

捕手は2019シーズン後半と同様に中村と松本の2選手がスタメンに顔を並べることが多くなりそう。しかし、新入団の嶋、そして2019シーズン二軍で高打率を残した古賀が食い込むことも考えられる。来季のヤクルトで捕手が最も熾烈なポジション争いになるかもしれない。

ひらレンpick up

2020年シーズン平山が期待したい選手をご紹介。

西浦直亨(内野手)

一番注目したいのが西浦選手。2019年は2度の故障離脱で不本意な成績に終わるばかりか、ライバル廣岡、太田、奥村に加えて新外国人エスコバーも加入。この逆境の中でどのようなプレーを見せてくれるのか必見です。守備力でいえば廣岡や太田には負けません。2018年前半のような打棒を再び発揮できればレギュラーは近い。

吉田大成(内・外野手)

本来は内野手ですが、現在参加している台湾ウィンターリーグでは外野手としても出場中。バレンティンの後釜レフトの超大穴として密かに期待しています。しぶとい打撃と足があるのでスタメンに入れば相手も嫌な選手かもしれません。実は強肩なので外野もこなせそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です