ヤクルトの補強が完了し、来シーズンの陣容が確定しました。

そこで本日は、2020年ヤクルトのローテーションを予想してみました。

ご自身の予想と照らし合わせながら、ぜひ読んでいってください!

2020年予想先発投手

◎小川
○高橋
○スアレス
○イノーア
○クック
▲石川
▲吉田
▲奥川
△杉山
△大西
△山田
△高梨
☆ジュリアス

◎・・当確 ○・・有力 ▲・・可能性大 △チャンスあり ☆大穴

2019シーズンは不調に終わりましたが実績を考えればライアンこと小川投手のローテーション入りは間違い無いでしょう。シーズン終盤には変化球主体の投球を見せるなど試行錯誤を重ねるエースの復活に期待したいです。

続くのが左のライアンこと高橋投手。2019シーズンは初めてローテーション入りし4勝をマーク。奪三振率は9超(単純計算で1イニングに1個以上の三振を取るということ)で、ボールの強さ・キレ共に申し分なし。スタミナ面と調子の好不調の波を改善できれば一躍左エースになる可能性アリ!

3から5番手には外国人投手3人が名前を連ねます。スアレス投手は怪我などの影響を考えると1年間ローテーションを守ることは厳しいかもしれません。新外国人のイノーアクックは2人のうちどちらかが使い物になれば御の字でしょうか。先発失格となった場合はリリーフに配置転換ということも考えられます。

ローテ最終第5.第6枠を争うのが、ベテランの石川投手、そして新人の吉田投手奥川投手です。石川投手は実績と2019シーズンの成績を考えればローテ当確といって過言では無いですが、来年40歳という年齢を考えるとローテーションの中心とは考えにくいのでここの位置となるかなと。(結局夏場には石川投手がエース格の活躍をしているような未来が見えますが…)
新人は奥川、吉田のドラ1,2コンビが実力的に抜けているように感じます。吉田投手はリリーフでも可能性がありますのが現時点では起用法がわからないので、まずはローテーション候補に。奥川投手に関しては10年に1人の逸材と言っていいレベルだと感じています。田中将大投手や藤浪晋太郎投手のように1年目からローテで投げる力はありそう。ただ、将来的なことを考えて1年目からは無理にローテに入れずに育成していくという方向も考えられるので、開幕までどうなるかはわかりませんね。

虎視眈々と上記の選手の枠を狙っていくことになるのが、これまた新人の杉山投手大西投手。そして2019シーズン先発として登板を重ねた高梨投手山田投手です。新人とベテランの争いにも注目です。

そして個人的にローテーション候補の超大穴として推したいのが育成選手のジュリアス投手です。2019台湾ウインターリーグでは最優秀選手(投手部門)を獲得!なんと防御率0.60! まず支配下契約を勝ち取るというところからの挑戦となりますが、成長著しい左腕が神宮のマウンドで軽快なピッチングを見せてくれるのでは無いかと期待せずにはいられません。

実績のある投手がほとんどおらず、未知数の選手に頼らざるを得ない状況が現在のヤクルトの台所事情の厳しさを表しています。しかし、逆に考えれば今の状況は新しいスターが生まれるには絶好の機会でもあります。

本日の記事の中に名前が出なかった選手にももちろん可能性はあります。自分が贔屓にしている選手が活躍し、スワローズのエースに名乗りをあげてくれることを期待しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です