【悲しみの4連敗】ヤクルト1-4広島【2020/8/5】

【試合短評】 ヤクルト先発は大西。プロ初の先発マウンドは初回のピンチを1点でしのぎ尻上がりに調子を上げていく。援護したい打線だが、広島先発野村の前にヒットが続かない。1-3で迎えた8回、救援の一岡を攻めて無死1・2塁のチャンスを作るが青木が三邪飛、村上敬遠後、山崎と西浦が連続三振に倒れて万事休す。ヤクルトは4連敗となった。

4連敗…
野村投手が良すぎた…
今までだったら8回のチャンスで逆転できる流れだったけど…
チーム全体で調子が下がってきているな
ここが正念場だぞ!

今日のターニングポイント
8回裏無死1・2塁

今日のポイントは8回
連打でチャンスを作り打席には青木選手
勝ったと思ったんだけどね…
広島側の早めの継投策にやられてしまった…
こちらが打てる手はせいぜい山崎選手に代打を出すくらいしかない。完全に力負けだね。

大西が5回2失点の粘投

プロ初先発の大西投手は粘りの投球で5回2失点
5回までに10人の走者を出しながらも粘った!
ヒヤヒヤしたよ…
次回登板はあるかわからないが、これからの選手だ!期待しているぞ!

6日は高橋投手が先発!

6日は高橋投手が先発!!!
連敗を止めてくれ!!
前回は8回無失点の好投!今回も期待しているぞ!
神宮で!連敗を!止めよう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヤクルトファン歴15年の会社員。コロナウイルスの影響で馴染みの居酒屋が休業してしまい、現在は家でツマミを作っては呑んだくれる生活を送っている。